養液土耕

養液土耕とは、かん水同時施肥栽培のことです。培地に土を用いるので、土の緩衝(バッファー)機能が活かされるのが特徴です。
もともと乾燥地であるイスラエルなどで使われていた技術が、近年は日本にも花や野菜栽培で導入、実用化されているものです。
液肥を水に溶かしてかん水と施肥を同時に行います。塩類集積を少なくして水と肥料を効率よく利用することができます。
ドリップチューブやドリッパーを使用し、水分センサー、ECセンサー、タイマー、液肥混入器などをシステム化し自動化することができます。
必要最小限の養水分を少量、複数回に分けて与えるので根域が一定範囲に限られ、生育、草勢の制御が容易です。収量、品質の向上のみならず、小ない施肥量が過剰施肥を防ぎます。
サンホープの簡易養液土耕システムは自分で組み立てる可能な安価なシステムです。
詳細は施工例を参照下さい。