ドサトロンDR6GLの逆止弁の洗浄の仕方

ドサトロンが液肥を吸い上げないってありませんか?
この場合の原因は「逆止弁」のトラブルが90%以上となります。
これは故障でもなんでもなく、簡単に直る事が多いので
今回は「逆止弁」の洗浄の仕方をご説明いたします。 🙂 

 

R6GLの逆止弁の洗浄

吸入部分この吸液ホースを取り外します。

DR6GL_002

ナットを緩めて吸入ホースを外します。

DR6GL_003

逆止弁」を止めているナットを緩めます。

DR6GL_004

「逆止弁」を止めているナットを取り外します。

DR6GL_005

「逆止弁」が見えます。

DR6GL_006

「逆止弁」を取り外します。

DR6GL_011-1

「逆止弁」です。

DR6GL_008

「逆止弁」がそんなに汚れていないなら そのままぬるま湯に付け置きします。

DR6GL_009

汚れている(液肥が固まっている)ようなら… 分解して

DR6GL_010

分解してぬるま湯に付け置きします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※注意※
・部品が小さいので無くさないように注意してください。
・汚れがひどい場合にはもう一度ぬるま湯に付け置きします。
・汚れがひどい場合には「ビニール手袋」をした上で
 軽く手洗いしてください。
・液肥に直接触れないように注意してください。
・「逆止弁」の汚れは液肥が固まっている場合がほとんどですので
 薬品など使わなくてもほとんどの汚れは落ちます。

DR6GL_011

汚れが落ちましたら「逆止弁」を組み立てます。

DR6GL_012

「逆止弁」を注入口に取り付けます。

DR6GL_013

逆止弁」をナットで取り付けます。

DR6GL_014

「吸入ホース」をナットで取り付けます。

DR6GL_015

完成です。

 

DR6GL_016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「逆止弁」のメンテナンスは簡単なので
一度チャレンジしてみてくださいね。 😀