点滴チューブの違い

点滴チューブには2種類あるのはご存知でしょうか?

一種類は①軟質ドリップチューブ
もう一種類は②硬質ドリップチューブです。

①軟質ドリップチューブ
 通水していない時は平になるドリップチューブで
 通水すると膨らむチューブです。
 おもにイチゴなどの栽培でマルチ下に敷設してつかいます。
 写真には写っておりません。

いちごの栽培
マルチ下に軟質ドリップチューブ

トマトの栽培
マルチ下に軟質ドリップチューブ

 

 

 

 

 

 

 

長所
 施工がかんたん。価格が硬質よりも安い。
 撤去後に丸めてもあまり場所をとりません。

短所
 チューブ肉厚が薄いので切れやすいです。
 シーズン終了後に撤去して次回のシーズン時に
 敷設しようとすると…切れたりします。

 弊社の軟質ドリップチューブは
 ダブルウォールドリップチューブとなります。

————————————————————————————————–

②硬質ドリップチューブ
 通水しなくても膨らんでいる、軟質に比べて硬いチューブです。
 お茶やみかんの栽培などに使われています。

葉物野菜の栽培 PCND12mm

お茶の点滴栽培 PCND16

ミカンの点滴 PCND16

 

 

 

 

 

 

長所
 施工は簡単。丈夫で長持ちします。
 ストッパー付きなら均一にかん水できます。

短所
 価格が少し…お高め
 撤去後は…少し場所を取ります…。

 弊社の硬質ドリップチューブは
 定流量ドリッパー PC&PCNDシリーズになります。

 

上記の事から…
マルチ下に敷設するなら ①軟質ドリップチューブ
露地は果樹に使うなら  ②硬質ドリップチューブ

をお勧めいたします。