農業での散布量と効果

●液体●

フルボ酸(液)は1,000倍に薄めて散布いたします。

散布量は10a当たり1Lを1,000倍に薄めて
約10日間隔で圃場に散布し、3~4回散布します。

散布用の資材はこちら

●粒●

フルボ酸(粒)は1反当たり40kg~100kgを散布いたします。
腐植酸100%のフルボ酸(粒)なら15kg1袋で堆肥1tと同じ効果が得られます。

 

●フルボ酸を散布することにより●

・農薬・消毒材に混ぜる事により
 キレート化されしっかり植物に成分が吸収されるようになります。

・液肥や活力活性剤などに添加する事により、植物に対して、その資材を使う
 目的である効果がはっきりし、植物の管理がしやすくなります。

・フルボ酸(液)がいろいろな資材と一緒に植物に吸収される事により
 植物の免疫力を高める効果があります。

・フルボ酸(液)の効果として、植物の硝酸態窒素の分解を促進させ
 窒素過多を低減させます。

・カナケ(金気)水の抑制(液)
 水中の鉄イオンと結合しフルボ酸鉄となるため吸着しにくくなります。
 水中のカルシウムイオンとも結合するので吸着しにくくなります。

 

P06 キレート化P08 導入事例 トマト編